ワールドワイドビジネスをテーマに、世界のトレンド商品をいち早くリーズナブルな価格で販売致します。

対応している解像度とフレームレートは?

4K(17:9)の最大フレームレートは422fps、2K(17:9)の最大フレームレートは1461fps。2Kはサブサンプリングを使用しており、イメージセンサーのクロップファクターは維持されますが、高感度性能は向上しません。その他のアスペクト比(4:3から16:1まで)は、最大9259fps(2048 x 128)までの異なるフレームレートで利用できます。詳細は「最大フレームレート」を参照してください。

連続録画(continuous recording)とは?

Waveは、すべてのフレームレートで内蔵SSDに連続して録画します。これは、通常のビデオカメラのように動作します。録画ボタンを押すと録画を開始し、もう一度押すと停止します。クリップはすぐにSSDに保存されます。RAMバッファやトリガーの設定は不要で、クリップの長さはSSDの容量によってのみ制限されます。メディアは不揮発性で電源を落としてもデータは消えることはありません。

どのようなレンズに対応していますか?

Waveはパッシブでロック式のEマウントを採用しています。電子接点はないため、電気的にフォーカスやアイリをスコントロールするレンズはサポートされていません。同様にオートフォーカスもありません。WaveはS35センサーをカバーするマニュアルレンズでの使用を意図しています。光量を重視した高フレームレートでの撮影には、より明るいレンズ(F値やT値が低いレンズ)が適しています。

Eマウントはフランジバックが短いため、他のほとんどのマウントに容易に対応できます。純正のEマウントは取り外しが可能で、将来的には他のマウントオプションも追加される可能性があります。RED DSMCマウントは、オプションのスペーサーでサポートされています。Waveに適したレンズオプションのリストについては、推奨レンズ一覧(後日アップロード予定)を参照してください。

内蔵ディスプレイはありますか?

いいえ。プレビューを表示したりカメラメニューを操作したりするには、1080p30 HDMI信号を受信できる外部モニターが必要です。カメラ用外部モニターには、通常、ヒストグラム、波形、フォーカスアシストなどの便利なツールもあります。Wave用の推奨モニターオプションのリストについては、モニターの推奨事項(後日アップロード予定)を参照してください。

内蔵ディスプレイを搭載しないことで、カメラの裏面全体をヒートシンクに使用することができ、これは連続してハイスピード撮影をする場合にはとても重要です。また、内蔵ディスプレイは、市販の外部モニターに比べて解像度や輝度が低くなる傾向があります。

イメージセンサーのスペックは?

Waveは5.5μm画素、ネイティブ解像度4096×3072(4:3)のS35カラーイメージセンサーを採用。ネイティブISOは250、ネイティブダイナミックレンジは10~11ストップです。シャッタースピードは1秒から1秒/66000までのグローバル電子シャッターを採用しています。

このセンサーはハイスピードでの撮影を前提としています。低フレームレートでダイナミックレンジを2~3ストップ拡張するHDRモードが追加される可能性はありますが、HDRセンサーや低照度センサーとしては設計されていません。利用可能なサンプル映像を確認して、お客様の使用用途に適しているか確認してください。

録画フォーマットと対応エクスポート形式は?

クリップは、スピードのために最適化されたネイティブファイル形式で内部的に記録されます。このフォーマットは、5:1から6:1の圧縮率で圧縮されたBayer RAWです。これらのファイルは、他の編集ツールで直接開くことはできません。WaveViewerは、ネイティブWaveクリップの表示、トリミング、基本的な画像調整の適用、他のフォーマットへのエクスポートに使用されるPCソフトウェアです。エクスポート形式には、Cineform、H.264、PNG/JPEGシーケンスなどがあります。

Waveファイルで作業するにはPCが必要ですか?

今のところは、そうです。Waveクリップの表示とエクスポートに使用するWaveViewer PCソフトウェアは、Windows 10上で動作します。WaveViewer MacソフトウェアやAdobe Premiere Proのインポートプラグインなど、他のワークフローも予定されています。

カメラ操作のアプリはありますか?

現時点ではありませんが、予定はしています。(カメラにはWiFiとBluetoothが搭載されています)

外部電源で動く?外部バッテリーは?

はい、DC 入力は外部電源(付属)またはバッテリーからの12-26V に対応します。カメラの動作及び内蔵バッテリーの充電を同時に行った場合で最大 24W を消費します。長時間使用のために外部のV-Lockバッテリーから電力を供給することができます。カメラは12Vで動作しますが、内蔵バッテリを完全に充電するには、DC入力で少なくとも14Vが必要です。

SSDの交換やアップグレードは可能ですか?

はい、内蔵SSDは標準的なM.2 NVMe SSDで、交換またはアップグレードが可能です。現在、Waveの書き込み速度要件を満たすことがテストされているSSDはごく少数です。しかし、汎用インターフェイスを使用しているので、SSDが大容量化、高速化、低価格化していく中で、カメラをアップグレードしていくことができます。アップグレードプロセスの詳細は後日掲載します。

音声を録音しているのでしょうか?

いいえ、ハイスピードビデオカメラなので、音声収録機能は入っていません。

 

購入はこちら

CATEGORY