BOX IOは最新のファームウエアアップデートで、
以下に対応しました。

高度なLUT処理オプション

BoxIOには、トリリニアまたは四面体補間を使用して3D LUTを処理する独自の機能があります。
トリリニアLUT補間は非常に一般的であり、このオプションを使用するとLUTを他の場所で頻繁に見られるように処理できます。
より高度な四面体LUT補間はどこにでもあるわけではありませんが、より優れた視覚性能を備えたはるかに高い精度を可能にします。

四面体型zLUT補間の性能上の利点を理解するための効果的な方法は、各補間方法を使用して同等の性能に対して必要な平均3D LUTサイズを比較することです。

補間法間の平均3D LUTパフォーマンス等価性
補間法 四面体 トリリニア
3D LUTサイズ 17×17×17     22×22×22が必要になります
3D LUTサイズ 33×33×33    43×43×43が必要です
トリリニア補間
四面体補間
ダウンロード